院長談話室

ボタン、シャクヤク、バラを愛でた季節は過ぎ、鬱陶しい日々を
多彩なアジサイが慰めてくれる。
来週からは気温が上がるとか。
ふと気がついたら、夾竹桃も咲き始めた。
まさに夏いたる。

当地では稲作の仕事に加え、7月からの桃、8月からのブドウ、
9月からの梨の収穫に向け、息つく間もない忙しさとなる。

私も飽くことなく植栽した花木、小果樹の管理に気が休まらないが、
無理せず、できる範囲の作業に留めて体調維持を心掛けたいと思う。












| comments (0) |
ようやく訪問診療が動き出した。
「若先生」そして看護師との贅沢旅。

昨春に体調を壊し、訪問していた方の多くを病院、施設にお願いし、
その後、初冬から半年間ばったり倒れてしまった。
体調が回復してみたら、昼食休みの時間を惜しんだ日々が遠いものに。

昨日は新津まで行ってきた。
長い付き合いの認知症の方が特養に入所するまでの暫定訪問。
他の先生にはお願いしにくい。
遠距離と言っても、来院してくださっていた方が来院困難となれば、
遠いから行けませんとは申し上げられない。
2人体制の良い所で、多少の時間は容易にとれる。

一軒のお宅で「窓の外のアジサイがきれいですね」
「**と言いう名のヤマアジサイで、3種類買ったんですよ」
「一枝頂けませんか、挿し木をしたいので」
「はーい、どうぞどうぞ・・」。
診察そっちのけで庭木や花、置物、掛物の話をする白髪医者の診療は
「若先生」には不思議な光景かもしれない。












| comments (0) |
先週末に垣間見た東京の余韻が未だ残っている。
丸の内のビル群の美しさ、皇居前広場の松の美しさ、諸所に見る公園と緑の豊かさ、
見切れないほどの美術館とその収蔵物・・。
徳川三百年、参勤交代による富の集中、大名屋敷のあとに残った膨大な土地、緑。
そして明治維新後150年間の中央集権制による富の集中・集積。
別世界に棲む私は何を生き、何を楽しみ、何を共にし、
何を遺すのかなと妄想を広げてみた。










| comments (0) |
5月23日水曜日、私にとって5人目の孫誕生。
午前は久しぶりに一人で診察。
午後は精神科病院回診、夜はお一方の看取り。
1年前のままの生活を送った。
「病とともにある]ということだろうか、一瞬の不安から自分の体調に不足を感じたが、
1か月前、2か月前を顧みれば到底不足を思えるものではない。
欲を超えてみると、自分の身体能力は更に改善していることに気が付いた。
医院待合室で「患者さん」に「先生、若返ったね」、「先生、また歩く姿が良くなったね」、
「先生、腰、腰!!」有難いことである。
5月26日土曜日、2年ぶりに県境を越えて孫に会いに行く。







| comments (0) |
奥の診察室でカルテ等の見直し整理をしながら、来院されたお一方お一方に待合室へ挨拶に伺う。
皆さんに「だいじにしてくださいね」、「息子さんがしっかりで、もう大丈夫だね」。
立場逆転、同じ立場の方とは励ましあい。
処置や紹介で第一診察室が停滞気味になれば奥の診察室にお出で頂き診察。
滅多にはないが、午前中に急ぎの往診があれば出番。
午後の施設・居宅訪問、往診は親子医者2人と看護師で。
時間外、休日の電話番と必要時は往診、ちょっと贅沢な日々である。
山椒バラが咲き、バラの季節へ。






| comments (0) |